~ドラマ・アニメのネタバレ寸前ブログ~好きなドラマやアニメについて徹底解説

エンタメ王

この世界の片隅に 第7話 あらすじネタバレ、キャスト俳優リストでどうか視聴率と感想

2018/09/09
 
この記事を書いている人 - WRITER -

キャスト(出演者)

北條(浦野)すず – 松本穂香(幼少期:新井美羽)
北條周作 – 松坂桃李
水原哲 – 村上虹郎
刈谷幸子 – 伊藤沙莉
堂本志野 – 土村芳
浦野十郎 – ドロンズ石本
浦野すみ – 久保田紗友(幼少期:野澤しおり)
黒村晴美 – 稲垣来泉
白木リン – 二階堂ふみ
黒村径子 – 尾野真千子
刈谷タキ – 木野花
堂本安次郎 – 塩見三省
北條円太郎 – 田口トモロヲ
浦野キセノ – 仙道敦子
浦野要一 – 大内田悠平(幼少期:土屋慶太)
北條サン – 伊藤蘭
森田イト – 宮本信子
近江佳代 – 榮倉奈々
江口浩輔 – 古舘佑太郎

スタッフ

原作 – こうの史代『この世界の片隅に』

脚本 – 岡田惠和
音楽 – 久石譲
演出 – 土井裕泰
プロデュース – 佐野亜裕美

音楽

音楽 – 久石譲
> 詳しくはこちら

公式twitter


twitter.com/konoseka_tbs/

あらすじ&結末

すずは不発弾により重症を負う。
一方、晴美は亡くなってしまうのであった。

径子はすずにつらく当たる。
すずは自分がなぜ死ななかったのか後悔する。
周作は帰宅して、すずの姿を見る。
その姿に衝撃を受ける。
熱を出し、倒れたすずを周作は看病する。
すずは周作にリンの状態を確認しに行ってくれと言うのであった。
しかし、それは本心ではなく、どこか周作の心を疑っていたのだ。

怪我したすずを妹が見舞う。
広島へ帰っておいでとすずに言うのであった。
呉とは違い、広島は空襲がなかったのだ。

ある日、光るのが見える。
広島市の方からきのこ雲が爆音と共に呉から見えるのであった。

すずは広島市の状況が分からず、確認したいと願う。
一体、何が起きているのか誰にも分からないでいた。

感想

いよいよ原爆の投下。
本当にどうなるのかという展開。

視聴率

9.8%

見逃し動画

TBSオンデマンド
見逃した動画を鑑賞が一週間限定で可能。
見放題は月額900円。
TBSドラマや番組が好きな人は良いかもしれません。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© エンタメ王 , 2018 All Rights Reserved.