黒井戸殺し あらすじネタバレ、キャスト俳優リストでどうか視聴率と感想を紹介!見逃し配信動画で見よう

   

キャスト(出演者)

勝呂武尊 – 野村萬斎
柴平祐 – 大泉洋
兵藤春夫 – 向井理
黒井戸花子 – 松岡茉優
本多明日香 – 秋元才加
復員服の男 – 和田正人
冷泉茂一 – 寺脇康文
袴田次郎 – 藤井隆
蘭堂吾郎 – 今井朋彦
唐津佐奈子 – 吉田羊
鱧瀬 – 浅野和之
袖丈幸四郎 – 佐藤二朗
黒井戸満つる – 草刈民代
来仙恒子 – 余貴美子
柴カナ – 斉藤由貴
黒井戸禄助 – 遠藤憲一

スタッフ


原作 – アガサ・クリスティー『アクロイド殺し』
脚本 – 三谷幸喜
演出 – 城宝秀則
プロデューサー – 渡辺恒也、橋本芙美、貸川聡子

予告動画


公式twitter


https://twitter.com/kuroido_fujitv

あらすじ&結末

昭和27年、日本の片田舎で唐津佐奈子(吉田羊)が死亡しているのが発見された。医師・柴平祐(大泉洋)は、検死のために唐津邸を訪れる。死因は睡眠薬の過剰摂取。佐奈子には夫を毒殺した疑惑があり、柴の姉・カナ(斉藤由貴)は、佐奈子が夫殺害の罪にさいなまれ自殺したと推測する。柴の親友で富豪・黒井戸禄助(遠藤憲一)は、佐奈子に結婚を申し込んでおり、ショックを受ける。黒井戸は、自宅に柴を招き、姪・黒井戸花子(松岡茉優)、義妹・黒井戸満つる(草刈民代)、秘書・冷泉茂一(寺脇康文)、旧友・蘭堂吾郎(今井朋彦)らと食事をした後、柴に「佐奈子が夫殺しの件である男に脅されていると話していた」と明かす。そこへ、佐奈子から遺書が届く。黒井戸は1人で読みたいといい、柴は屋敷を出る。そこで復員服の見知らぬ男(和田正人)と会い、不審に思いながら帰宅。すると、黒井戸が殺害されたと執事・袴田(藤井隆)から電話が。
柴が駆け付けると、袴田はそんな電話をしていないと言う。部屋に入ると、黒井戸が背中を刺されて死んでいた。刑事・袖丈(佐藤二朗)が到着し、捜査開始。女中頭・来仙恒子(余貴美子)が、東京にいるはずの黒井戸の義理の息子・兵藤春夫(向井理)を村で見かけたと証言し、春夫に疑いが。春夫の婚約者である花子は疑惑を晴らそうと、柴家の隣に引っ越してきた不思議な男が、実は引退した名探偵・勝呂武尊(野村萬斎)だと思い出し、捜査を依頼したいと柴に相談。花子の願いを受けて捜査を依頼する。勝呂は快諾し、柴に相棒としての協力を依頼。警部から、春夫だけでなく、あの晩黒井戸邸にいた全員が容疑者であると聞き、女中・明日香(秋元才加)を始め聴取すると不可解な事実が・・・。

ネタバレ

黒井戸禄助(遠藤憲一)が唐津佐奈子(吉田羊)の死で落ち込んでおり、柴平祐(大泉洋)が励ます。
兵藤春夫(向井理)が村に戻ってきて、黒井戸花子(松岡茉優)と婚約したと柴カナ(斉藤由貴)が噂する。
柴の医院に訪れた来仙恒子(余貴美子)が麻薬中毒について話を聞く。
勝呂武尊(野村萬斎)が隣の家に住んでおり、柴と勝呂は話す。
春夫がどこに泊まっているのか、柴がカナに訊く。
カナは黒井戸や春夫に会って、目撃したという話を柴に行う。
柴が春夫に会いに行き、何があったのかと事情を訊く。
春夫は、柴を巻き込まないで黒井戸とのトラブルを解決しないといけないと話す。
黒井戸宅へ柴は向かい、花子に春夫とのことを訊く。
花子は、婚約をしたと柴に告げる。
黒井戸満つる(草刈民代)は、花子と春夫との祝うが同時に財産分与を黒井戸に一言言って欲しいと懇願する。
蘭堂吾郎(今井朋彦)が気分転換に黒井戸宅におり、柴と一緒に創作について話をする。
全員で晩餐を食べるが、黒井戸は元気がなかった。
黒井戸は、柴に食欲がなく胃の調子が悪いと話す。
黒井戸がとんでもないことになってしまったと柴に相談する。
佐奈子が夫を毒殺したと告白されたというのだ。
毒殺を行ったことで、恐喝されていたのだと佐奈子は言う。
袴田次郎(藤井隆)が黒井戸宛の手紙を持ってくる。
その中に、佐奈子からの遺書が黒井戸に届く。
黒井戸は柴に今は一人で読みたいと、返してしまう。
手紙には、真犯人の名が書いてあるが柴には教えて貰えなかった。
柴が黒井戸宅から帰宅途上で、復員服の男(和田正人)に遭遇する。
帰宅した柴に電話があり、黒井戸が殺されたという連絡だった。
柴は黒井戸宅へ急行し、袴田と話すが黒井戸は生きていると言う。
黒井戸の部屋に入ると、ナイフで後ろから刺されて殺されている。
袴田は警察を呼び、柴は現場を荒らさないようにする。
秘書の冷泉茂一(寺脇康文)が驚き、部屋来るが刺されているナイフはチュニジアの短剣だと気づく。
刑事・袖丈幸四郎(佐藤二朗)が到着し、事情聴取を行う。
黒井戸の部屋から、花子が出てきたと袴田が証言する。
柴は、復員服の男と遭遇したことを証言する。
袖丈は、花子に事情を聞くが「おやすみ」を言いに行ったのだと言う。
恒子が、怪しい人影を屋敷の外から見たと証言する。
その人影は、春夫だったというのだ。
花子が柴宅へ訪れて、名探偵・勝呂に依頼を一緒に行かないかと提案する。
勝呂は、引き受ける。
柴と勝呂は、警察署に向かい袖丈と会い話す。
勝呂は、柴にワトソンになって欲しいと伝えて柴は引き受ける。
勝呂は、現場を調査することになる。
椅子が微妙に動いていたことも発覚する。
柴は、佐奈子の話をし、佐奈子からの手紙もなくなっていることも発覚する。
恒子が春夫を目撃した現場を柴と勝呂でハンカチの切れ端を発見する。
その時、花子と蘭堂の二人が会っている現場を二人で見守っている。
黒井戸は、婚約に反対していないと花子が言う。
柴は春夫から、黒井戸を説得すると言っていたと聞いたというのが・・・。
沼で女性用の指輪を勝呂が見つける。
柴にかかってきた謎の電話は駅からだったと袖丈が勝呂に報告する。
柴は自宅で指を磨くと、「春より」と刻印されていた。
黒井戸の遺言が弁護士から告げられる。
春夫にも相続財産を多額送ることになるとされた。
黒井戸の部屋にあった現金がなくなっていることが発覚をする。
恒子はお堂前にいたのは、絵を描いていたと告白する。
本多明日香(秋元才加)は、黒井戸の机を汚して直前に辞めるように言われていた。
明日香の前掛けは、真新しいので勝呂は疑う。
お堂前で発見した、ハンカチは彼女の前掛けではないかと思ったのだろうと推測した。
翌日、黒井戸と唐津の両家の合同で通夜が行われる。
一同が通夜後に勝呂が春夫が今どこにいるか教えて欲しいと言う。
しかし、誰も言わないのだ。
勝呂は、柴に佐奈子の夫が殺された時に蘭堂が村にいたか調べて欲しいと依頼する。
蘭堂は、村にいなかったと柴に訊かれて怒る。
カナが自宅で準備していた時、春夫が訪れて来たのを目撃。
春夫は驚き逃げていく。
柴は春夫を追っていくが、春夫は逃げてしまう。
神社で復員服の男を発見し、柴が確認すると当日目撃した男で間違いなかった。
勝呂は、犯人が分かったと言い、柴と一緒に黒井戸宅へ向かう。
恒子は、お堂前で復員服の男と会っていた。
復員服の男は、麻薬中毒であり恒子は困っていた。
春夫の妻は、本多明日香であると勝呂は言う。
指輪は、明日香へのものだという。
明日香は、春夫と一ヶ月前に結婚をしていたのだ。
春夫は、黒井戸がこの結婚を許さないだろうと思っていた。
その時、黒井戸は春夫と花子の結婚を決めてしまったのだ。
花子は、春夫をそれほど好きじゃないので「幸せになって」と認める。
勝呂は、花子がウソをついていることを見抜いた。
部屋に忍び込み、現金を花子は盗んだと証言する。
花子が盗んだのは、満つるに言われて行ったのだった。
春夫を勝呂は探し当てていたが、殺害を行っていないのだ。
勝呂は、犯人を分かっていると伝える。
そして、明日に袖丈刑事に伝えると宣言する。
自家製のタイマーで殺害をしたのだと勝呂は言う。
犯人は、柴平祐(大泉洋)だったのだと勝呂は推理する。
佐奈子を恐喝していたのは、柴だったのだ。
それをバラされることを恐れたのだった。
勝呂は、謎の電話をかけてきた男に罪を被って貰うことにすると提案。
姉が脳の病気のために金を得るためだったのだ。
半年後に手記を勝呂は柴に書いて発表するようにする。
事件を隠蔽するのだった。
柴は、事故死を装うことになることを手記に記述をした。
柴は自殺を行って、バルビタールを飲み決行する。

感想

不朽の名作であるクリスティーミステリ。
アクロイド殺しを題材に、日本を舞台にした内容。
三谷幸喜のコメディタッチの内容にすこしユニークなクリスティーのミステリでした。に
おもしろかったです。

視聴率

後日更新予定

見逃し動画

FOD
フジテレビのオリジナル動画満載!
見逃し動画も一週間限定で観れる。
31日間無料で視聴が可能。
月額888円で見放題になれる。

動画見れるサイト

dTV
31日間無料でおためし視聴ができます。
なんと言っても、月額500円という安いことで圧倒的な人気となっています。
各サイトオリジナル動画以外は、ほとんど鑑賞できます。

VideoMarket
初月無料で配信中!
NHKオンデマンドまで観れるのが特徴!
見放題なら月額980円。

 - 黒井戸殺し

黒井戸殺し あらすじネタバレ、キャスト俳優リストでどうか視聴率と感想を紹介!見逃し配信動画で見よう

好きなドラマやアニメについて徹底解説

Copyright© エンタメ王~ドラマ・アニメのネタバレ寸前ブログ~ , 2018 All Rights Reserved.