~ドラマ・アニメのネタバレ寸前ブログ~好きなドラマやアニメについて徹底解説

エンタメ王

モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐- 第1話「冤罪で地獄に落とされた男」 あらすじネタバレ、キャスト俳優リストでどうか視聴率と感想を紹介!

2018/04/27
 
この記事を書いている人 - WRITER -

キャスト(出演者)

柴門暖 – ディーン・フジオカ
南条幸男 – 大倉忠義(関ジャニ∞)
目黒すみれ – 山本美月
神楽清 – 新井浩文
入間公平 – 高橋克典

スタッフ

原作:アレクサンドル・デュマ「モンテ・クリスト伯」

脚本:黒岩勉
プロデュース:太田大、荒井俊雄
演出:西谷弘、高野舞、野田悠介

公式twitter


https://twitter.com/MONTE_CRISTO_cx

あらすじ&結末

柴門暖(ディーン・フジオカ)は漁師をしていた。
目黒すみれ(山本美月)にプロポーズして、了解を得ていた。
しかし、その後遭難してしまい柴門の行方が分からなくなっていた。
柴門は無事帰ってきたが、船長・バラジは亡くなっていたのだ。
刑事・入間公平(高橋克典)は船長の身体をくまなく検査している。
船員たちは入院して、体調の回復をはかっていた。
柴門は、復帰して次の船長になるという。
神楽は船長から外れることになるというのだ。
バラジに渋谷に届けて欲しいものがあると預かっているものが柴門にはあった。
一方、バラジがテロ組織のメンバーではないのかと疑われていたのだ。
渋谷に行き、バラジからの預かりものを届けに行く途中で入間が手紙などを没収する。
柴門は、すべてを入間に手紙を渡して口外しないことにした。
入間は、バラジが渡すはずだったTIという会社に向かう。
バラジが手紙を渡すはずだった男と拘束されている外務省職員を交換を要求されていたのだ。
柴門は、結婚式に参加する。
その当日、柴門が逮捕されてしまうのだった。
入間がバラジが手紙を渡すはずだった相手が父親だったために冤罪を作り出したのだ。
すみれは、逮捕されて柴門が連れて行かれる姿を追うが警察は連行してしまう。
手紙の宛名は、柴門暖となっており入間は形式上と嘘をついて認めさせる。
柴門は、人質と交換されて外国へ連れて行かれる。
その後、刑務所で柴門は幽閉されて拷問を受け続ける。
すみれは、家に投石されるなど批判を恐れ、署名を集めるなどの活動を続けていた。
柴門は、全く知らないと拷問をされて判明する。
しかし、同時に刑務所にずっと抑留されることになる。
絶望の局地だったが、柴門の独房に何者かが入ってくるのだった・・・。

感想

なかなか設定がおもしろい。
モンテ・クリスト伯と言って、どんな設定にするのか気になっていました。
おもしろく、しかも楽しい内容に思えます。
期待ができる。

視聴率

5.1%

見逃し動画

FOD
フジテレビのオリジナル動画満載!
見逃し動画も一週間限定で観れる。
31日間無料で視聴が可能。
月額888円で見放題になれる。

動画見れるサイト

dTV
31日間無料でおためし視聴ができます。
なんと言っても、月額500円という安いことで圧倒的な人気となっています。
各サイトオリジナル動画以外は、ほとんど鑑賞できます。

VideoMarket
初月無料で配信中!
NHKオンデマンドまで観れるのが特徴!
見放題なら月額980円。

この記事を書いている人 - WRITER -

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

Copyright© エンタメ王 , 2018 All Rights Reserved.