~ドラマ・アニメのネタバレ寸前ブログ~好きなドラマやアニメについて徹底解説

エンタメ王

コンフィデンスマンJP 第3話「金まみれセクハラ美術評論家と対決!!」あらすじネタバレ、キャスト俳優リストでどうか視聴率と感想を紹介!

2018/04/30
 
この記事を書いている人 - WRITER -

キャスト(出演者)

ダー子 – 長澤まさみ
ボクちゃん – 東出昌大
リチャード – 小日向文世

城ケ崎善三 ‐ 石黒賢

スタッフ

脚本 – 古沢良太
企画 – 成河広明
プロデューサー – 草ヶ谷大輔、古郡真也
演出 – 田中亮、金井紘

公式twitter


https://twitter.com/confidencemanjp

あらすじ&結末

カフェでボクちゃんが見惚れる絵。
須藤という女性が描いた絵だった。
個展を開くと聞き、ボクちゃんが訪れると中止されている。
須藤の部屋を訪ねるとボクちゃんは怒り、リチャードとダー子に復讐の相談をするのだった・・・。
美術評論家・城ケ崎善三(石黒賢)が須藤を騙して愛人にしてしまう。
作品を最初は評価していたのに、ポイ捨てにされた。
そのことにボクちゃんは、怒り復讐を考えるのだった。
ダー子は、城ヶ崎のオークションで次々に高額で落札する。
城ヶ崎は、そのダー子の金払いの良さに目を付けて近づいてくる。
贋作を制作するために、ダー子は贋作師に依頼するのだった。
ピカソでなくなった絵を制作する。
この贋作を城ヶ崎に本物だと鑑定させようとする。
しかし、贋作だと城ヶ崎は見破るのだった。
ダー子は、新たに絵を用意する。
その絵を城ヶ崎が買い取ることになる。
謎のアーティストの絵をダー子はもっと買いたいと城ヶ崎に迫る。
城ヶ崎は、この謎のアーティスト・山本巌の絵を探しはじめる。
山本巌の息子の実家を探し当てるのだった。
そこで、ダー子たちと城ヶ崎が山本の絵を取り合うのだった。
城ヶ崎は、すべての絵を購入してリチャードたちは撤収するのだった。
城ヶ崎はオークションを行って、全く売れないのだった。
実は、山本巌はただの卵生産者だったのだ。
須藤を訪れるとボクちゃんが見たのは、次のパトロンを見つけた彼女だった。
ダー子たちは、呆れるのだった。

感想

視聴率が伸びないと言われていますが・・・。
なかなかおもしろいんですよね。

特に、長澤まさみがノリノリで演じているのは勢いを感じさせます。
今回もおもしろかった。

視聴率

9.1%

見逃し動画

FOD
フジテレビのオリジナル動画満載!
見逃し動画も一週間限定で観れる。
31日間無料で視聴が可能。
月額888円で見放題になれる。

動画見れるサイト

dTV
31日間無料でおためし視聴ができます。
なんと言っても、月額500円という安いことで圧倒的な人気となっています。
各サイトオリジナル動画以外は、ほとんど鑑賞できます。

VideoMarket
初月無料で配信中!
NHKオンデマンドまで観れるのが特徴!
見放題なら月額980円。

この記事を書いている人 - WRITER -

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

Copyright© エンタメ王 , 2018 All Rights Reserved.