やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる 第2話 あらすじネタバレ、キャスト俳優リストでどうか視聴率と感想を紹介!

   

キャスト(出演者)

田口章太郎 – 神木隆之介
三浦雄二 – 田辺誠一
望月詩織 – 岸井ゆきの
宇野浩平 – 佐藤隆太
駒井朋子 – 濱田マリ
曽根崎啓介 – 菅原大吉
倉守賢三 – 小堺一機
高城英子 – 南果歩

スタッフ

制作統括 – 松川博敬
プロデューサー – 山本晃久
脚本 – 浜田秀哉
演出 – 柳川強、佐々木善春、渡辺哲也

公式twitter

あらすじ&結末

宇野がバトミントン部の顧問となってしまう。
近所の老人に吹奏楽部の音にクレームを行う男がいた。
宇野は吹奏楽部の顧問でもあり、謝るのだった。
学校の先生が夕方からが仕事であることを知る田口。
夜の10時、11時まで働いていると聞くと田口は教師たちに驚くのだった。
田口は、宇野がバトミントンの指導方法を学んでいた。
そんな宇野と田口は会話するのだった。
田口は真っ黒な状況を三浦と対話すると、教師の数を増やすべきだと聞くのだった。
すると、近所の人々が吹奏楽部の音がうるさいと学校に怒鳴り込んでくるのだった。
田口は法律的な知識で言い返し、宇野がなんとか理解して欲しいと言うのだった。
宇野は、非正規教師だったのだ。
それを田口はブラックだと伝えるのだった。
宇野は、サラリーマンだったが教師を目指して今の仕事に転職をしたのだ。
宇野は有給休暇を取れないで、母親の世話ができないでいた。
田口は、校長に休みを与えるように主張するのだった。
授業の休みを取れるようにさせるのだった。
このような休みを保護者からクレームが来ることには三浦がなんとかすると助ける。
翌日、学校を訪れると宇野がいたのだ。
田口は驚くが、老人ホームの引越しを徹夜で宇野は行ったのだった。
有給を取る必要がなかったと宇野は言うが、田口は理解できなかった。
三浦を呼び出し、田口は三浦が主任を辞めるように言う。
三浦が休まず働くことで、この状況が生まれているというのだった。
そんな時、一人の生徒がケガをして病院へ搬送されるのだった・・・。

感想

おもしろい。
学校の先生、多忙であることが分かる。
教師が悪いというドラマもあれば、教師が大変というドラマ。

動画見れるサイト

NHKオンデマンド
「見逃し見放題パック」月額972円が鑑賞できます。
朝ドラや大河ドラマなどの人気コンテンツを見れます。
民放とは違い、無料動画配信を行っていないために現時点ではこの見放題パックしかありません。

U-NEXT
大河ドラマなどを随時配信しています。
ただ、NHK独自の報道系動画はなどは鑑賞できません。
31日間、無料期間がありオススメ。
二ヶ月目1990円が課金される。

VideoMarket
初月無料で配信中!
NHKオンデマンドまで観れるのが特徴!
見放題なら月額980円。

 - やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる

やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる 第2話 あらすじネタバレ、キャスト俳優リストでどうか視聴率と感想を紹介!

好きなドラマやアニメについて徹底解説

Copyright© エンタメ王~ドラマ・アニメのネタバレ寸前ブログ~ , 2018 All Rights Reserved.