~ドラマ・アニメのネタバレ寸前ブログ~好きなドラマやアニメについて徹底解説

エンタメ王

家政夫のミタゾノ 第5話 あらすじネタバレ、視聴率と感想 佐藤仁美、減量でウエストやお腹がダイエット成功できれいになった

2018/05/26
 
この記事を書いている人 - WRITER -

キャスト(出演者)

三田園 薫 – 松岡昌宏
結 頼子 – 余貴美子
五味麻琴 – 剛力彩芽
平野らむ – 椿鬼奴
早坂倫子 – 内藤理沙

木口 一美 – 佐藤仁美
森品 千恵子 – 宍戸美和公

スタッフ

脚本 – 八津弘幸、小峯裕之、山岡潤平、西荻弓絵
監督 – 七高剛、小松隆志、片山修
家事監修 – 松橋周太呂
ゼネラルプロデューサー – 内山聖子

音楽

島茂子
「戯言」
使用楽曲
エドヴァルド・グリーグ『ペール・ギュント』 第1組曲作品46 第4曲「山の魔王の宮殿にて」
> 詳しくはこちら

公式twitter


https://twitter.com/mitazono_desu

あらすじ&結末

木口は、森品にデザインがパクられる。
森品は、自分の名前だから売れたのだと言うのだった。
木口は怒り森品と言い争いとなり、木口は森品を殺害してしまう。

その時、ミタゾノと五味が森品宅を訪れる。
家政婦の依頼をキャンセルしたいと木口が伝える。
ミタゾノたちは、木口を森品と勘違いしてしまう。
五味はすっかり騙されるが、ミタゾノは疑うのだった。

そんな時、殺したと思っていた森品が蘇生していた。
森品は記憶喪失となり、自分のことすら思い出せない。
ミタゾノが現場を見てしまうのだった。
森品を木口として、使うのだった。
森品と木口が入れ替わり、ミタゾノたちの目を欺くのだった。

森品は記憶を思い出すのだった。
木口は困惑する。
森品はあらゆる人のアイデアを盗んでいたのだ。
週刊誌の記者が、それを突き止めていたのだ。
森品はアイデアが全く湧かない状況がずっと続いていたのだ。
そんな森品に木口は自分が制作すると言うのだった。
こうして、二人はコンビとして頑張っていくことになるのだ。

感想

奇妙な話だが、少ない出演者でおもしろく演出されている。
よく考えられていると思いました。

視聴率

6.3%

見逃し動画

テレ朝キャッチアップ
テレビ朝日専用の見逃し動画配信サイト。
見やすいサイトデザインが魅力!

動画見れるサイト

U-NEXT
31日間無料で視聴が可能。
月額1999円と高いが、コンテンツが豊富。
大河ドラマなどもあり、他のサイトでは絶対に観れない動画が多数あるのが魅力。

dTV
31日間無料でおためし視聴ができます。
なんと言っても、月額500円という安いことで圧倒的な人気となっています。
各サイトオリジナル動画以外は、ほとんど鑑賞できます。

auビデオパス
現在、最新動画も含めて増強中!
月額562円で見放題!
初回30日無料でみれる
他サイトとの違いはTOHOシネマズなどが1100円で映画鑑賞ができる。

VideoMarket
初月無料で配信中!
NHKオンデマンドまで観れるのが特徴!
見放題なら月額980円。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© エンタメ王 , 2018 All Rights Reserved.