~ドラマ・アニメのネタバレ寸前ブログ~好きなドラマやアニメについて徹底解説

エンタメ王

コンフィデンスマンJP 第7話「骨肉の遺産争い 暴かれる家族の秘密」あらすじネタバレ、視聴率と感想 佐津川愛美、演技力がすごい!かわいいと美しいの間

2018/05/28
 
この記事を書いている人 - WRITER -

キャスト(出演者)

ダー子 – 長澤まさみ
ボクちゃん – 東出昌大
リチャード – 小日向文世

矢島理花 – 佐津川愛美
与論要造 – 竜雷太
五十嵐 – 小手伸也
与論祐弥 – 岡田義徳
与論弥栄 – 桜井ユキ

スタッフ

脚本 – 古沢良太
企画 – 成河広明
プロデューサー – 草ヶ谷大輔、古郡真也
演出 – 田中亮、金井紘

公式twitter


https://twitter.com/confidencemanjp

あらすじ&結末

ダー子は、資産家の与論の家に理花として訪れる。
祐弥と弥栄は、突然の帰宅に不満を抱くのだった。

矢島理花は、リチャードから財布をするのだった。
しかし、それに気づいたリチャードは理花と知り合うきっかけとなる。
理花は逮捕され、荷物をリチャードが預かっていた。
荷物の中に与論からの手紙があった。
10億円の遺産を譲りたいとあったのだ。
それを読んだダー子は、理花から事情を聴取し詐欺をしようとするのだった。

与論は、理花を良い子ではなく不良女子だと気づく。
ボクちゃんは、理花の結婚相手として紹介される。
しかし、与論はボクちゃんに盃をかわすように促し、親子になると宣言する。
リチャードが祐弥と弥栄の顔を見せると、本物の理花は別人だと言うのだった。
ダー子は、それを聞き驚くのだった。

二人も詐欺師で、与論から金を取ろうとしていたのだ。
この二人とダー子は、与論に気に入られるために競うことになる。
与論は、全員偽物だと気づいていた。
そして、倒れてしまうのだった。
与論は、花火大会を楽しみにしていた。
本物の祐弥と弥栄をリチャードが探し当てるのだった。
そして、10億円の資産はすでに無くなっていたのだ。
与論は、虚言で資産があるふりをしていたのだ。
ダー子は、撤収することにする。
そして、詐欺の二人も撤収するのだった。
ボクちゃんは、無一文の寂しい与論のために家にいようとダー子に伝えるのだ。
最後まで騙しとおしてあげようと提案する。
そして、ボクちゃんは与論の家に残るのだった。

三週間後、与論は死んでしまう。
ボクちゃんは、葬儀に参列し帰ってくるのだった。
与論は、ボクちゃんに10億円の証券の金庫の暗号を教えていた。
実際には、本物の祐弥と弥栄は実は偽物だった。
金庫をすり替えて、ニセの中身を二人に見せていた。
ダー子が仕掛けた罠だったのだ。

感想

少しおもしろい。
だが、だんだんと話が込み入っており当初より面白みが半減している。

視聴率

8.9%

見逃し動画

FOD
フジテレビのオリジナル動画満載!
見逃し動画も一週間限定で観れる。
31日間無料で視聴が可能。
月額888円で見放題になれる。

動画見れるサイト

dTV
31日間無料でおためし視聴ができます。
なんと言っても、月額500円という安いことで圧倒的な人気となっています。
各サイトオリジナル動画以外は、ほとんど鑑賞できます。

VideoMarket
初月無料で配信中!
NHKオンデマンドまで観れるのが特徴!
見放題なら月額980円。

この記事を書いている人 - WRITER -

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

Copyright© エンタメ王 , 2018 All Rights Reserved.